においの特長

誰しも必ず体のにおいについての悩みをお持ちだと思います。
頭皮・足・わき・口臭・加齢臭・ミドル脂臭など様々な悩みが挙げられます。
人間の5感の中で、嗅覚だけは遮ることができません。例えば視覚の場合は目を背けたり、違うところを見れば視界に入りません。聴覚の場合、耳を塞いだり、ヘッドホンで音楽を聞いたりすればある程度聞こえなくなります。
しかし嗅覚の場合、呼吸をしている以上、においを嗅がないというわけにはいきません。これがにおいの問題が気になる特長の1つです。

においの原因

人間は生物のひとつです。
生物は様々なにおいを発生しています。
まず、仲間を呼ぶためです。例えば今週はフェロモンを使ってオスとメスが出会うことができます。同じ仲間を呼んだり、もしくは例えば子どもを作るのに適した時期を知らせるためなどににおいを使います。
次に縄張りを明らかにするために使います。例えば犬は散歩中に電信柱などにオシッコをします。これはオシッコの臭いで自分の縄張りの印をつけています。
そして、敵を威嚇するためにも使われます。代表的なのがスカンクです。スカンクは自分の身を守るために強烈な臭いの元を敵に吹きかけます。
このようににおいは元々、生物が生きていくために必要なものなのです。

においと現代社会

現代社会はとにかく清潔を追い求めています。抗菌グッズや消臭剤など、少し過剰とも言えるのではないかと思います。
例えば、現在では毎日シャンプーで頭を洗っていますが、実はこれが一般的になったのは昭和30年を過ぎてからと言われています。それまでは毎日シャンプーをすることはなく、洗い流すだけでした。
また、お風呂については、銭湯が江戸時代からありましたが、毎日入るわけではなく、たまに入る程度だったらしいです。そのため湯船は汚く、アカがたくさん浮いていたと言われています。江戸っ子が熱い風呂が好きなのは、雑菌の繁殖を防ぐため熱めに設定されたお湯に入っていたからだという説もあります。
少し前の時代なら、多少の体臭があっても許されていたかもしれません。ところが、現在は過剰とも言える対策でどんどん体臭はなくなり、嫌われるようになっています。清潔になることは病気や感染症を防ぐなど、メリットもたくさんありますが、その分、精神的には窮屈になってきているのかもしれません。

においを消す基本的な方法

においの原因は、主に汗です。しかし、実は汗自体にはにおいはほとんどありません。汗を栄養分として繁殖する菌が気になるにおいを発生させます。このため対策としては2つあります。1つは汗をかかないこと、そして2つめは菌の繁殖を抑えることです。
汗をかかないようにすることはできません。汗には体温調節や肌に湿り気を与えるなど、大切な役割があります。汗をまったくなくすことはできないので、かいた汗をすぐに拭きとったり、吸収してなくしてしまうのが対策となります。具体的には通気性を良くする、吸水性を良くすることがあります。
2つ目の菌の繁殖を抑えるには、まず第一に菌を洗い流すことです。そして次に殺菌効果のある薬剤なでで菌を排除することです。スプレーやクリームなどを使うことで菌の繁殖を抑えることができます。

におい対策グッズ

先にも説明したようににおいの主な原因は汗と菌です。
対策グッズも主にこの汗と菌を対象としたものが多くあります。
例えば、通気性のよいシャツは汗をすぐに乾燥させます。
機能性のシャンプーや石鹸は地肌を清潔に保ち、においの原因となる菌の繁殖を抑えます。
また、スプレーやクリームは直接菌に作用して、殺菌したり繁殖を抑えることができます。
においの種類や程度に応じて様々な対策グッズを使い分けることで、より効果の高い対策が可能になります。

悩みごとに対策や人気の製品をご紹介

このサイトではにおいの悩み別にその情報や対策をまとめています。
情報は随時更新していきます。
このサイトがあなたのにおいの悩み解決のヒントになれば幸いです。

更新履歴